貧困女子の私がトリプルワークに挑むことにした理由

貧困女子の私がトリプルワークに挑むことにした理由

貧困女子から早く抜け出すために、トリプルワークを行う事に決めました。

Wワークまでなら今の時代普通ですが、トリプルワークとなると普通の事ではありませんよね。

私がトリプルワークを決意した理由についてです。

貧困女子から脱出するためにトリプルワーク?

Wワークを始めてから、前にも書きましたが心にゆとりが生まれてきました。

毎日忙しくなったはずなのに、ゆとりが出ると言うのも不思議なものですよね。

精神的なゆとりの方が、肉体的なゆとりに勝るという事なのでしょうか?

そんな事からも、もっと精神的に余裕を持ちたい、早く貧困女子階級から抜け出したいという思いからも、トリプルワークを探すことにしました。

Wワークのシフトを増やす事は、職場的に難しかったためです。

スポンサーリンク

トリプルワークの仕事を友人から紹介された

例のいろいろなバイトを掛け持ちしてるWワークの同僚から、トリプルワークにふさわしい仕事を紹介されたのです。

仕事内容は、朝のスーパーでのお寿司作りです。

お寿司なんて握った事ありませんが、それでも全然問題ないんだそうです。

お寿司屋さんではありませんからね。

朝の2時間のアルバイトで、時給は1100円と結構おいしい時給でした。

朝の時間帯だからでしょうか?

仕事に行く前にお寿司を作ってから仕事に行くのも悪くないかなと思い、さっそくトリプルワークの面接を受けることになりました。

Wワークの同僚経由でしたので、簡単な面接でした。

そしてもちろん合格。

見事、トリプルワークデビューする事になったのです。
トリプルワークの仕事を友人から紹介された

トリプルワークを開始してから貯金が加速

トリプルワークは、週に5日勤務でした。

5日はちょっときついかな…と思ったりもしたのですが、色々と皮算用してみた結果、週5日働くことにしました。

それだけで月収45000円程になりますから( *´艸`)

貧困女子の私には、莫大な金額でした。

本業は土日休みでしたが、スーパーは土日に人が欲しいと言われてしまい、休みという休みは一日もなくなりましたが、朝だけなのでそこまで苦ではありません。

一生これを続ける訳じゃありませんし、できる所までやってみようと思い、頑張る事にしたのです。

一番辛かったのが、朝早く起きる事です。

朝早く起きる事に慣れていなかったため、遅刻したらどうしよう…という不安で夜眠れないこともありました。

今の所、朝は遅刻する事なくきちんと起きてトリプルバイトに行けてます。

嬉しい事に、失敗作のお寿司を頂けたのです。

嬉しすぎる誤算でした。

お寿司と言っても、いなりずしだったりですが、それでも大満足です。

朝の時間帯に、2時間同じ場所に立って仕事をするのは辛いなと最初は思いましたが、なんとかなるものです。

逆に清々しい気持ちです。

貧困女子から抜け出した後の目標が一つできました。

その目標を達成するためにも、もう少しトリプルバイトを頑張りたいと思ってます。

本当に色々な意味で、Wバイトと出会えた事に感謝しなければなりませんね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサーリンク