【貧困女子と富裕女子】職場の人たちに私の貧困女子っぷりがバレてた件・・・

【貧困女子と富裕女子】職場の人たちに私の貧困女子っぷりがバレてた件・・・

こんにちは、MISAです。

貧困女子と富裕女子って、よくどう違うのなんて言われたりしますが、いろいろ気をつけているつもりでも、貧困女子臭って出ちゃうんだなぁなんて最近思い始めました。

貧困女子と富裕女子の間の見えない垣根についてです。

スポンサーリンク

貧困女子は周りにばれてる?

まずはじめに、今日のブログはちょっと暗めです。

暗い話はいらないという方は、このままお帰りくださいませ。

職場での出来事です。

私は、勝手に自分の中で「職場では誰も私のことを貧困女子流で気づいてないはず」なんて思ってました。

でも、これって私の思い違いだったのです。

どちらかと言うと、うちの職場には私みたいにお金に困っている貧困女子ではなく、実家暮らしで収入は全部お小遣いに使えるような人たちが多くいます。

あまり収入の高い会社ではありませんが、それでも全然困ってなく収入がそんなになくても富裕女子と言われる部類に入るんじゃないのかなと思ってます。

富裕女子というのは、定義でいうと年収500万以上だなんてどこかに書かれてましたが、年収で考えるのではなく、やはり実家での経済状況なども入れるべきなんじゃないのかなあなんて思ったりもします。

富裕女子たちの生活

【貧困女子と富裕女子】職場の人たちに私の貧困女子っぷりがバレてた件・・・
うちの会社の富裕女子たちは、長期休暇のたびに海外に旅行に行きます。

そして、免税店で素敵なバックやら財布やら、いろいろなものを仕入れてくるようですね。

そして、いかにもと言うようなお土産をたくさん買ってきます。

もらいっぱなしだなと思いながらも、旅行に行く機会はないのでもらいっぱなしになってしまっています。

免税店で買うと、何万も安くブランド品が買えるようですね。

化粧品なども、免税店で買うことでかなり安いと言ってました。

今の私は、そんなブランドの化粧品使わないしなんて思いながらも、そうなんだー、なんて聞いてたりしてたのですが、先日会社の同僚たちの会話をたまたま聞いてしまったのです。

富裕女子たちから見たら貧困女子はバレバレだった

私は基本的に服などは、セカンドハンドを利用しています。

ばれてないと思ってましたが、結構私が購入するような1枚200円位の服と言うのは、時代遅れだったり、ボロボロボロだったりと、色々と出てたんですね。

自分では全くみすぼらしい格好していると思ってなかったのですが…。

むしろ、200円なのに結構いけてるんじゃない?なんて思ってた自分が恥ずかしかったです。

富裕女子の方からしたら、貧困女子っていうことがバレバレだったんだと言うことを知り、悲しくなった出来事でした。

今の私では、富裕女子に上り詰めるのは正直言って難しいことかもしれません。

貧乏暇なしだなんて言われたりしますが、これって本当の事だなぁなんて思ったりもしました。

でもいいんです。

今は、自分の過去に行ってしまった行いを取り下げるための試練の時だと自分に言い聞かせてがんばってます。

どんな家に生まれるかは選ぶことなんてできませんし、もしも貧しい家に生まれたとしても私がもっときちんと勉強し、キャリアを積んでいけば、こんなことにはなっていなかったかもしれません。

全て自分の蒔いた種です。

時々メッセージでもいただきますが、貧しい家に生まれたことなどは、仕方がないことです。

でも、自分次第でどうにでもなると思います。

私は、自分次第でどうにでもできなかったので、私みたいな貧困女子を反面教師にしていただければと思ってます。

何歳からでも、何でもできると思います。

そのための準備期間が今の私なのです。

暗い話になりましたが、抜けられない暗闇なんてないのです。

皆様一緒に頑張りましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサーリンク