貧困女子がダブルワークしてみた!貧乏生活からの脱出計画

貧困女子がダブルワークしてみた!貧乏生活からの脱出計画

こんにちは、MISAです。

貧困女子から抜け出すべく、色々と頑張ってます。

そんな中、Wワークをしてみる事にしました。

貧困女子がWワークをしてみた結果について、ご紹介していきます。

貧困女子から脱出するために

私のように、毎月の生活で一杯一杯の貧困女子って、結構多いのではないでしょうか?

「だったら、節約を頑張ってすればいいんじゃないの?」と言われがちですが、節約する場所がもう本当にないんです(´・ω・`)

もしかしたら、まだまだベテラン主婦の方に言わせると、節約する場所があるのかもしれません。

でも、私には限界の所まで節約を頑張ってるつもりでした。

となると、次はお金を増やすことですよね?

入ってくる収入を増やせば貧困から抜け出せるんじゃないかと考えました。
貧困女子から抜け出すために飲食店のバイトを始めてみた

貧困女子から抜け出すために飲食店のバイトを始めてみた

ちなみに、これは少し前の話です。

貧困女子を卒業するために、夜の時間帯に飲食店でアルバイトをする事にしたのです。

幸い、私の職場はきちんと5時には終わっていたので、夜の6時からのアルバイトとか出来たんですね。

アルバイト情報を色々チェックして、ようやく見つけました。

夜6時から10時までの定食屋さんのアルバイトです。

週に2回、時給800円で働きました。

会社が終わってからだったので、結構最初は辛くて、足がパンパンになりながら働いてました。

覚える事もたくさんあり、無理かも…(´・ω・`)

なんて思ったりした事も…。

でも、なんとか頑張りました。

毎月、約3万円程入ってくるお金が増えるようになったのです(`・ω・´)

スポンサーリンク

飲食店の醍醐味は賄いだった

そして、飲食店のアルバイトの大きなポイントは、賄い付きだったという事です。

こんなに良いものを食べていいの?なんて思いながら、最初のうちは喜んで食べていました。

が…、そこには大きな落とし穴があったのです。

賄いは、仕事が終わった後に食べてから帰ります。

夜10時に仕事が終わり、そこから賄いを食べるため、太るのです…(´・ω・`)

週に2回のアルバイトだったのに、結構太ってしまいました。

となると、服が入らなくなったり…、色々と支障が出てきます。

賄いは、減らして食べるようにしましたが、それでもやっぱりいつも食べないようなものを週に2回も食べていると、太ってしまいますね。

慣れてくると、会社帰りの週2回のWワークはかなり美味しいアルバイトでした。

翌日の会社が辛いな…と思うこともたまにありましたが、貧困女子から脱出するためだと自分に言い聞かせて、頑張ってみました。

Wワークを禁止してる会社の場合はNGですが、私の会社は禁止はしていなかったため、なんとかやってこれました。

今までは、一円もお給料から貯金する事が出来なかったのですが、毎月2万は貯金できるようになりました。

残り一万は、少しだけ自分の生活を潤すために使う事にしました。後は、赤字が出た時の対処用です。

私には、このダブルワークがとっても合っていました。

内職程大変ではありませんでしたし、派遣のアルバイト程疲れませんし、仕事がいつあるか分からないという心配もありません。

太るという事を除いては、なかなか良いアルバイトでした。

そして、そのアルバイト先で色々と面白いアルバイトを経験してきてる方と出会ったのです。

そのお話は、また次回にでも(`・ω・´)

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサーリンク